2016年1月13日水曜日

Wildest Dreams (Taylor Swift)にドキドキした。 〜好きな音楽を好き勝手に紹介する〜 はじめます。

好きな音楽を好き勝手に紹介する事をしたくなったからしようと思う。

紹介順も紹介の仕方も



全く気分です。



評論家にもDJにもなる気ないので

ただ好き勝手に好きなものを紹介したいだけなので何の影響も受けないでください。



jangoっていうインターネットラジオがあってすごく好き。



色んな聴き方があるんやけど、好きなアーティストを入力したら

勝手に「っぽい」のを選んでジャンジャカかけ続けてくれる。

は!?ってのとかひどい広告もあるけど

それを加味しても好き。



そのjangoで、ふっと流れてきた曲で



あっ懐かしい!!



とか



おっこれめちゃいい!!



とか思ったのをYouTubeで検索したりして動画見るのが好き。



今日ふと「あっ!」って思ったのがコレ





空間が広がる感じの音楽ってすごく好きで

そういうのかなり萌えるんやけど

これも「萌え」感じた。



そんで映像ね。


0:58のこのシーンやばい!

と思った。





プリシラ(Priscilla)の1シーン思い出した。



最近パクリだ盗作だってやんやモメてるのをよく見るけど

オマージュとパクリの違いってシンプルだと思ってる。



敬意を表してて、美学がちゃんとあるか?



それがないとパクリだしそれがあったらオマージュなんじゃないかと思ってる。



だいたい人類の文化なんてオマージュで成り立ってると思うし。

たこ焼き大好きだけどタコを生まれて初めて見たらきっと食べようとは思えない。

そんな感じやと思う。



まぁなんせ今日はこの動画をすごく紹介したくなったので勝手に紹介しました。

でわ!!



2016年1月10日日曜日

前の宣言からバンドやってるよって話。ゆっくりだけどすっごく面白いことになると思う。

バンドをやっている。

信治の事があってから

告別式のあの夜に、あいつの仲間と会って、昔のバンド仲間と再会して

久々にバンドをやりたいなって思った。



再結成とかそういうの興味ない。

やってた時は楽しかったし今でもめっちゃ最高な奴らだけど

同じことをしたい訳じゃないし昔を懐かしんだりすがったりしたい訳じゃない。



俺は音楽大好きだけど今んトコひとりじゃできなくて(演奏とかね)

「ひとりでもやってみたいなぁ」とか思うことはあったけど

他の事のが優先順位高かったからやってなかった。



昔の仲間に再会して

俺自身もそうなんだろうけどみんなすごく変わってた

色んな変わり方があるけど

「おぉ!めちゃカッコ良くなってる!」って思う奴も多かった。

そんな中でもすごく印象深かったやつがいて

ずっと楽器はやり続けてて、変わらず、いやもっとの音楽バカw

「あーこいつとやりたいなぁ」って思った。



誘ってみたらすごくイメージが共有できて

すごくやんわりとはじめた。



何かを犠牲にする訳じゃなく

つらく苦しい時間を耐える訳じゃなく

でもすごく真剣に

そして何より楽しく。



結構マメにスタジオにも入ってるけど

最高の時間。



シクフェスの時に一曲やるかって話があって

何曲か曲も作ったしやろうかってなってたけど



やめた。



なんか違うなって思って。



バンドをやりたい気持ちとシクフェスでやりたい事とは別だなって思ったから。

だからシクフェスにはただ喋りに行ってきた。

すっごく素敵な空気の流れてるすごい良い場所だった。

信治がそこにいるようだったし

あいつに見せてやりたいとも思った。

あいつがいた場所であいつの場所。



大きな舞台って憧れだったりするんだと思うけど

そこに対する憧れって全然ない。

興味はもちろんあるし

やってみたい思いはあるけど

それって大した事じゃないと思ってる。



やるべき奴がやるべき場所でやるべき事を。



それが物事の本質だと思ってる。

だからそういうのは望んでも望まなくても勝手になるようになるから。



俺がバンドでやりたい、表現したいのはそういう事なのかなって思ってる。



どこまでもそのまんまの表現。



だから家具つくるのも仕事するのも音楽やるのも同じ事で

「気持ちいい」を感じたり共感したり共有したり

そういう事がしたくてやってる。

そういう事だけをしたくて生きてる。

その為の努力とかは当たり前だし別にそれは「耐えてる」とかじゃない

「極上の瞬間」の為なら準備の時間もめちゃ楽しからねw



俺だけじゃなくて

大阪の昔の仲間がまたやりはじめたって噂を聞いたりする。

すごく嬉しい。



なんか

終わりじゃなくはじまりを感じれる時

ってのはすごく嬉しい。



どこで何をやろうと人に迷惑かけなけりゃ好きにやれば良いんだけど

今同じような気持ちでなんかはじめようってしてる人がいたら会いたいなって思う。

話したいし刺激欲しいし楽しいこと考えたいしw



音楽だけじゃなくクリエイティブって呼ばれることって底は同じだと思う。

感覚や情熱や心情を表現したい

多分その気持ちだけで動けてたら楽しいんじゃないかな

そしてそれを切り売りしたり薄れてるのに濃い振りしたりするのって

すごく苦しいんじゃないかなって思う。



だから俺は

衝動のまんまで動きたいなって思う

そしてそれのひとつに最近またバンドが加わったっていう。



当分ライブはやらないと思う。

すっごく面白いこと思いついちゃったから

じっくりじっくり時が来るまで楽しく練っていこうと思ってる。



前に「バンドやる」ってだけ宣言して

そっからほとんど誰にも言ってない。

すごく深い話できる人にちょろっと話すくらい。



そのままずっと続けてて、進行中なんだけど

まぁ途中経過の報告っていうか



「やってるよー☆」ってだけの話



まぁ自分で言うのもなんやけど

かなり面白いことになると思うw

そんだけです。

そいじゃまた!



2016年1月7日木曜日

シクフェス。あいつが居た場所。見届けてきたよ

一昨日シクフェス。

本当に特別な夜だった。

特別なのは分かってて、とびきり特別にしようと思って

色んな思いと覚悟で行った。



最後テキーラ飲まされてヤラレちゃったけどw

それでも終わる瞬間まで全部記憶してた。

普段はすぐ吹っ飛ぶんやけどね記憶とかw



あの夜は全部を見届けたくて

きちんと見たくて感じたくて

飲んではいたけど酔いたい日では無かった。

酔っ払ってる暇はない感じのね。



それは写真も同じで

撮ったのは1枚だけ。

撮ってくれたりあげてくれたりした写真はすごく嬉しいし

嫌とかじゃ全くなくて

あの場を感じることに全力で向き合いたかった。



ライブはもちろん見てたけどそこじゃなくて

あいつの居た場所、あいつが愛した場所、あいつを愛してくれてるみんな

そういうの全てをとにかく見て聞いて感じたくて

そしてあいつとゆっくり話したくて。

「お前本当にスゲー奴やったな」って言ってやろうと思って。



CDが何枚売れたとか動画の再生回数が何十万とか

どんな会場とかどんなスゴイ人たちと対バンとか

俺には全部まったくどうでも良い事。



こんな目をした奴らが

こんな感覚を持った奴らが

お前の仲間やったんやな、スゲーなって。

それが一番大事で一番嬉しくて意味があるんだと思ってる。



バンドもお客さんも関係なく。

あいつを思ってくれる人、支えてくれてた人、導いてくれた人

そんな人達と話して感じて全力で見てくる。

あいつを連れていくってのと別のもうひとつの俺の目的はそれだった。



本当に良かった。

本当に良い夜だった。



あの長い長い1日で1枚だけ撮った写真


これだけは撮ろうって思って。



音楽の楽しさや凄さ

ライブって場所の面白さ魅力

久々で懐かしい感覚

そんなのも色々感じたんだけど今したい話はこれだけ。



あまりに全力でそれだけやったから他の事を振り返ったりとかはもう少し後で

テキーラでぶっ飛んだのもあるけど

もっと内側から燃え尽きてたのもあって

会場でてからの最後の飲みでは全然誰とも話せず燃え尽きてオチてたけど

まぁいっかって思ってる。



あいつはあんな場所を生きて

あんな場所で色んな事を感じて

あんな場所で音楽をやってたんだって改めて感じてきた。

「良かったな」って声をかけれるなって改めて思った。



あいつの最後のやり残しが

あいつが生まれた3月に出るって

それも大好き人達の助けを借りて大好きな仲間と一緒に。

すごくすごく楽しみにしてる。










そろそろゆっくりサシで飲もうか。

近いうち時間空いたら連絡するわw


2016年1月4日月曜日

信治の代わりに信治と共にシンジに会いに。

今やっと大阪帰ってきた。(2時半)

車で行こうかと思ったけど諦めた。

早起きして新幹線で行こうと思う。



明日は(もう今日か?)シクフェス。

シンジの最後のライブだと思ってる。

色んな人が色んな思いでやってるし参加してると思うけど

俺はそうなのかなって思ってる。



なんでか?とかよく分からん。

でもなんかシンジの最後のライブだって思う。

あいつの音楽はずっと残って欲しいし

聴かれ歌われ愛されて欲しいって思うけど

やっぱりケジメっていると思う。

節目っていった方が合ってるのかな?

なんせそういうタイミングなんやろうなって思う。



そしてそのタイミングにどうしても立ち会いたくて

行くことにした。

信治はずっとずっと俺の弟だし

いつまでも当然忘れることないし

今でもしょっちゅう忘れて「あっそうや信治に・・・」って思う時ある。

でもそれはあくまで阪井信治であってシンジではない部分なのかなって思ってる。



ミュージシャンとして、バンドマンとして、パンクキッズとして

あいつが駆け抜けたすごく短いでも長い長い濃い時間は

大きな意味がある事であって欲しいしそう信じてる。



でもどんな大きな素晴らしい意味のある時間であったとしても

それが悲しい出来事で止まってしまった以上

そのままずっと止まったままな事を望まないと思う。

動き出して欲しいだろうし

動き出すためには別のカタチってものが必要だと思う。

いつまでも悲しまれ悼まれるんじゃなくて

ただ愛されたいと思うだろうって思う。



そしてケジメのタイミングっていうのが今度のシクフェスだと思うし

それがシンジのLIVEのファイナルなんだと思う。



その後のことは全く知らない。

こうなったら良いなって希望はあるけどそれは1ファンと同じ思いであって

俺がどう望もうが進むべき道に進んでいく事だと思う。



シクフェスの事を聞いた時、すぐにシンジの最後のLIVEだと思った。

なんでとかないよ。直感。ただそう感じた。

そしてそれを「見届けたい」って思った。

どんな形かとかも分からんけど、とにかく「見届けたい」って。



信治の初ライブの仲間で対バン仲間でもあって

何よりもあいつの兄弟やから

あいつの代わりに見届けたいって思った。

なんか変やねんけどね。

最後のLIVEやったら代わりに見届けるって変やけど

でもなんかそんな感じ。

でもそれをするべきだって感じた。



答えはきっともうちょっとしたら分かる。

あと数時間もしたらはじまって

終わる時にははっきり分かると思う。

なんか絶対そうなんやろうなって思ってる。



明日が終わったら明後日がはじまる。

当たり前のことなんやけど今はまだそれが当たり前になってなくて

だから明日って日がとても重要なんだと思う。



俺だけじゃなくて明日のことを特別な日だって感じてる人すべてにとって

とっても重要な日なんだと思う。

そんな日にバンドマンだったらどうしたい?

どうありたい?かな。

ステージにいるべき筈だった自分だったらどうしたい?

人生なんて思い通りになることの方が少ないし

思い通りになることは重要じゃない。

でも「どうありたいか」にとってちゃんと向き合って生ききれるか

それはすごく大事な事だと思う。



明日はチッタに行くよ。

初めて行く場所だけど。

信治の代わりに信治と共にシンジに会いに。

意味わからんけどたぶんこれがすべて。

明日俺が行こうと思う、行きたいと思った理由。

とりあえずあと3時間、

おやすみ。