2015年10月31日土曜日

PULLUUU THE NIGHTに行ってきたって話。毎日がたまたまでラッキーで・・・

昨日はシンジのイベント


に行ってきた。

読みにくいしなんて名前なのかいまだに分かってないけどw

ぷるううナイト?

まぁなんせ行ってきた。



シンジのライブ(っていうかライブ自体)長いこと行ってなかったけど

あいつが東京で弾き語りのイベントやるって聞いて

わざわざ用事つくって渋谷まで行った。


アコースティックの弾き語りってなんかシンジのイメージじゃなかったけど

やるって聞いた瞬間に「めっちゃ良いやん!」って思った。



なんかうまく言えないけど

でもとにかく「それ良いやん!!」って思った。



その時に赤ちゃんに初めて会ったんだけど

そん時は「どうも」って挨拶しただけで

また会う日が来るって思ってなかったし

こんな形で会うとも付き合うとも思ってなかった。

まぁ当たり前だけど。



シンジの事があって、

赤ちゃんやマッスンさんに会って、

SMASH UPのタクジ・・・君?(なんかなんて呼んでいいか分からんw)

と話したら昔やってたバンドの事覚えてくれてたり。

なんか不思議な縁をいっぱい感じて



マッスンさんに「やる」って聞いて

絶対行こうと思ってた。

ちょこっと遅れたけど一応全員観れた。


最後にみんなでやった「YOUR SONG」はやっぱ特にグッときた。

なんかこうやってシンジの曲とかやってくれるのって本当に良いなって。



終わってからマッスンさん達と飲んでたんやけど

ちょうど


した話になって

「弾き語りやってくださいよー」

「良いよー」

みたいな話になって



さっそく

11月25日やります☆

思い立ったらなんとやらってやつでw

赤ちゃんも千葉から来てくれるらしいし・・・w

めっちゃ楽しみ。



シンジの

身体ってもうないんだけど

存在っていうか

肉体よりもそういう存在のほうが人間の本質だと思ってて

だから色んな形で色んなところで

シンジのなにか、がずっと残っていったら良いなって思ってる。

別に大掛かりななんかとかじゃなくて

もっと毎日の普通の出来事のなかに

「あっそういえば・・・」みたいな自然な感じで。



昨日もそんな話になったんやけど

俺は

毎日生きてるのがたまたまだと思ってる。

だから夜家に帰って寝る時も

朝起きてベッドから出る時も

どっか出かける時も

戻ってきた時も

おっ今日も生きてるわラッキー☆

って思う。



そんな感じでできるだけずーっと楽しく生きていきたいなって思う。

オチ、ないよ。

それだけw

2015年10月26日月曜日

みんなアウェイならそこはもうホーム☆今日東京行くから一緒に飲もう!!って話。

「みんなアウェイならそこはもうホーム」

昔から大事にしてる考え方というかテーマというか・・・

身内ノリってなんか苦手で

大好きな人達と一緒にいる時間は大好きなんだけど

そこに「他の人に入ってきて欲しくない」みたいな感覚は無くて

あっもちろん空気読めない人とかは困るけど

でも、初めて会ったからどうこう、みたいなのは 俺には無い。



でね、アウェイとホームの話なんやけど

アウェイはよそ者感みたいなんを感じるから居心地悪いんやと思うんやけど

ホームって感覚は逆に初めてそこに来た人に「アウェイ感」を感じさせると思う。

ほんでね、俺はなるべくアウェイなとこに行くようにしてる。

「あいつ誰やねんヒソヒソ・・・」ってやってるより

「あいつ誰やねん?」って自分が言われる方がよっぽど楽しいなってw

そういう空気の場所で「あっどうも初めまして!!」って言う方が好き。

なんでか理由は全然分からんねんけどねw



ほんでイベントとかやる時に一番大事にしてるのが最初のあれ

「みんなアウェイならそこはもうホーム」

ってやつ。

知り合いだらけの中にポンと放り込まれたら

どうして良いか分かんない!って人多いと思うけど

みんな「知らない人だらけ」だとそこから新しい関係が始まる。

変に知ったもの同士のしがらみやなんやも無いから

すごく楽に自分で居れるんよね。



大好きなフロンティアスピリッツの話があって、あっアメリカのアレね。

誰かに聞いたのか本で読んだのか全然覚えて無いんだけど

ゴールドラッシュの時のその町でだったかな

色んな人が毎日毎日あっちゃこっちゃからやってくる。

当然たくさんの「はじめまして!」があるんだけど

ひとことめが「はじめまして」で次の言葉が

「どこへ行くの?」って聞くっていう。

ただそれだけの話なんやけどめっちゃ大好きで、



日本だとまず「Where are you from?」ってのが絶対多いよね。

「どこから来た?」が重視される。

でも大事なのは過去より未来で「どこに行く?」が大事だと思う。



「どこから来たの?」

「◯△町から」

「あっ○△町居たことある。Xさん知ってる?」

っていうやりとりより



「どこ行くの?」

「◯△山に登ろうと思って!」

「えっマジで!?俺も◯△山に行くとこ!!」

「◯△山ってもうガンガン雪ついてるらしいよ」

「えっ!そうなん?半袖しか持って無い!」

「それヤバイ!凍死するよ。いっぱい服持って来たから貸してやろうか?」

みたいな会話のがわくわくすることない?



初めてフロンティアスピリッツの話を聞いた時

震えるくらいズキーンってなって、

絶対おれ「どこ行くの?」って聞く人間になろうって思った。



突然なんのブログよ?って感じやと思うけど

今日今から東京行くねん。

下北沢のお店の鍵を受け取りに。

先週から家賃は払ってるんやけどまだ鍵もらいに行けてなくてw



下北沢のお店って

いつオープンかもまだ決まってないし

どんな感じにするかめっちゃあれこれわくわく考えてたりするんやけど

中身で絶対決まってる事がいっこあって

それが

「この町でいっぱいトモダチつくろ!!」って思ってる。

なんかフラーっと行って

町の空気で「おっココ好きや!!」って思った。

ただそれだけなんやけど、でもそれで行動するには十分で

たまたまお店があったから借りちゃったw

無計画?

いやいやいや、そもそもの生きる目的のひとつが

「最高に面白いやつといっぱい知り合っていっぱい面白い事したい!」だから

そこに「面白い町」があるだけで十分な理由なんやってw



ほんで今日行くからね、FBで誰か飲もうー!!って投稿した。

はじめましての人にめっちゃ会いたいから。

はじめましての人来てくれるみたい。

1回会っただけの人も来てくれるみたい。

めっちゃ嬉しいんよね。

わくわくするw

はじめまして!の次の言葉、何て言おう・・・ってw



と、いう事で今日10/26の月曜日、

「今晩予定ないわ」って人で新宿で一緒に飲もうって人いたら連絡ちょうだい☆

楽しい事そっからバンバン起きてくような面白い飲み会しましょ♪



みんなアウェイならそこはもうホーム☆



んじゃ後でね!!

2015年10月24日土曜日

ヤラセが苦手でパンドラでステマも一緒でタマタマーケティングが愉快で、それがモンスト連盟からはじまった今日も良い日だな♪って話

すっげービックリした話。

ほんでめっちゃ嬉しかったっていうような話です。



下北沢にお店をOPENするんだけど

それに先駆けて「MONPEブログ」

をつくったんです。

ほんでちょこちょこ書いてるんやけど

さっき書いたのは

「MONPE活躍の写真とかアップしてくれるのめちゃ嬉しい」

みたいな話で、

それが書いてくうちに脱線して

全日本モンスト連盟

で最後しめたんです。



【そのブログがコレ】



ほんでそのブログを書き終えてちょうどアップし終えた時

Macがピローンって鳴って

FBから「山本勇気が投稿であなたをタグ付けしました」って。

あれ?もうブログ読んでくれたのかな?

2〜3秒やし早すぎるしw

と思いながらFB開くと

この投稿(FB投稿へのリンク)


だったんです。

奇遇すぎてびっくりしちゃいました。

そんでめっちゃ嬉しくてw

そしてこれはまるでステマみたいだなw

とか思ってて

でもステマじゃないよ偶然だし、

たまたま。

って思ってて、

また

あれ?

たまたま?

タマタマ?

うぉー!!!

タマタマーケティングだー!!!!

ってなんかすごく嬉しくなっちゃってw



俺ね、ヤラセ苦手なんです。

昔は別にそうでもなかったんやけど

年々ヤラセが苦手になってきて。

なんか人前で喋ったりなんかする時って、

「それをやる意義」

というか

「自分がそれをやるんだっていう決意」

というか。

そういうのがないと自信もてなくて

本当に見せれたもんじゃなくなっちゃうと思うです。



なんかどんな場面でもある事なんだけど

人前に出た段階、つまり本番の段階で

言い訳から始めちゃうパターン。

あれってすごく見ててつらく感じて

それ見るとすごく冷めちゃう自分がいる。



言い訳って見る人の為じゃなくて

見せる人が自分のなんかちっちゃいものを守る為の保険

みたいな行為だと思ってて、

しかもそれがすごく「勘違い」で保険にもなってないと思うんです。

それからはじまっちゃうだけで

見ててなんも感じられなくなっちゃう。



まぁそんなのがあってね、

ヤラセっていうのがすごく苦手になってて

でもミラクルはすごく好き。

当たり前だけどねw

ヤラセって例えばミラクルを嘘でつくる事だと思うんだけど

ミラクルって待っててもなかなか起きない

と思ってる。

ヤラセに近そうなんだけど全然違うくて

強く望んでなにか行動したら起きる確率は勝手にあがる

みたいな?

宝くじって買わなきゃ絶対当たらないでしょ?

まぁ友達がくれた宝くじが当たった、とかってありえるかもしれないけど

アイドルのオーディションじゃないんだから

「友達が勝手に応募しちゃって・・・」とかで当たるって

まず当たらない宝くじの確率のさらにさらにありえん%になると思う。



極端な例えだけどそういうのって大事だと思ってて、

だからステマもヤラセと同様に苦手。

なんか自分が買おうと思ってた、欲しいと思ってたモノが

ステマを感じたら興味なくしちゃうし。



でも「尊敬するあの人が使ってる」とかって

おおいに欲しい度あがるしっていう。

だからステマって結局パンドラの箱の一種だと思うねん。



まぁそんなどうでもいいような事をあれこれ考えてる面倒臭い奴なんだけど、

あっ俺がね。

そんな人間が「書いて」って言われた訳じゃなく

「MONPEをもっと好きになってもらいたい」って思ってブログ書き始めて

「MONPEを愛してくれてる人を紹介しちゃおう」って思って

「どうせならクリエイターの方が紹介された人も迷惑じゃないだろ」って思って

「ネタにもさせてもらったし、せもて本業の宣伝くらいさせてもらお」って思って

んでさっきの

ブログUPした瞬間のミラクルが起きたっていう。



だからめっちゃ嬉しかった。

たまたま、で

タマタマーケティング



これ更に面白いのがね、

たまたま(偶然)だからタマタマーケティングでしょ?

だから、めっちゃタマタマーケティングが大流行したとして

便乗の本とか出て

「必勝タマタマーケティング」

「あなたにもできるタマタマーケティング」

とか出た時点ヤラセだからアウト。

これがめっちゃ面白いなって思ってw



テクニックでもなんでもない

ただ毎日の心がけみたいなもんを

あえて名前つけたらマーケティングなんだけど

だってもし自分でなんか発信してたとしたら

誰でも自分の商品とか作品とかお店とか料理とか

いっぱい知ってもらって愛してもらった方が嬉しいでしょ?

その為に日々頑張ったり悩んだり喜んだり・・・



あぁいつになったら・・・とか悩んだりして

でもそういう時に希望の光をくれるものが

ズルじゃなくまっすぐ頑張る事

だったらめっちゃ勇気でるなって思う。

だってそれってひたむきに頑張れば良いだけだから

めっちゃ楽じゃない?心がw



なんちゃないミラクルだったけど

すごくすごく嬉しくて

「こんな事があったよー!!」って言いたかったので書きました。

なんか今日も良い日だ☆

2015年10月17日土曜日

コソコソの対極にあると思う。本名でやるってスゲーよって話・・・

コソコソやんのが好きじゃない。

やりたい事やって

目一杯やって

なんで隠さにゃならんの?って思う。



リサイクルの会社やってた時に

同業の社長さん達(自分も含め)高級車乗ってるんだけど

「お客さんの前に行く時はわざとボロの軽トラに乗ってく」って人多かった。

気遣いやマナーっていう側面もあるんだけど

「無害そうな演出」みたいな側面もあって

そこがどうも自分の性に合わなかった。



もちろん色んな社長がいて

いつも真っ白の服着てギラッギラしてて

引くほどのド派手な車に堂々と乗ってる社長もいて

その人の堂々っぷりがすごく好きだった。

そもそもそういうのに興味もない人もいたし

そういう人も大好き。



要するにそういう事は人それぞれで

好きなようにやりたいようにやったら良いと思う。

でも「出る杭打たれる感」と

「だから目立たないようにこっそり感」を感じると

ものすごく息苦しくなる。

狭いところに閉じ込められてるような感覚。



堂々とする事ができない人(後ろ暗いって意味)はしなくていい

それは本人の問題だから仕方ないと思う。

でもね、なんで真っ当にやってる人間がなんでコソコソせないかんの?

そこにすごく疑問を感じる。



そんでね、35越えたあたりからその辺の遠慮というか

「ためらい」かな?それがどんどん無くなってきた。

「良いじゃん別に」って素直に思えるようになってきた。

意地で「いいねんどうでもっ!」って入ってる感じじゃなくて

もっと楽〜に「ええやん別に☆」って感じかな。



そしていざそうやって生きてみるとそれがめちゃめちゃ心地よくて

めっちゃくちゃ自分で良い感じにハマった。

なんせ自分が楽しいからお金とか時間とか苦しくても全然楽しい。

だからなんか変な余裕というかそんなんが出てきて。

で、そういうのって同じ感覚が共鳴するんやろね。

どんどんそういう空気の人が周りに増えてって。

KADO-DAYの時とかまさにそんな感じの結晶みたいなw



KADO-DAYでアホな事とか奇抜な事とかいっぱいしてたけど

それは全然重要じゃなくて

本質は「全力で楽しむ」みたいな事だと思ってる。

そしてそこに準備はいるけどあくまでメインは「偶然」なんだろなって。



KADO-DAYでプレゼントにしたTシャツのデザインしてくれたのが

山本勇気っていう画家さんで、

山本センセとか勇気センセって呼んでるんだけどスゴイ人。



名声とか地位とかそんな意味じゃないよ。

そういうのもスゴイみたいだけど

人間がスゴイ、絵を描くパワーがスゴイ。

勇気センセだけじゃなく他にもスゴイお友達いっぱいだけど

全員あげたらキリがないから今日は勇気センセにしか触れないね。



ほんで今日その勇気センセがある宣言をした。

FBのスレッドをイベントとかの連絡用に使ってて、

そこに今朝、勇気センセが投稿したんだけど

抜粋した方が良いのかもしらんけど

なんか気分やから全文コピペするね。

========================

山本 勇気


MIDORIの皆さん、KADO DAYの皆さん、 私事で恐縮です。
阪井さんはじめ、皆さんのお陰でライブペイントってスタイルが出来上がりました。 35年描いてきて、やっと描く意味が見つかり、感謝です。
近いうち、これ1本でやっていきます。 がっつりビジネスでいきますので本名の 「PORTRAIT PAINTer 山本勇気」で活動します。
ただ、皆さんと絡める時は肉筆屋助次として活動しますので、変わらずご愛顧ください。 (FBページは削除しちゃいますm(_ _)m)
ご報告と決意表明でした。

========================

って投稿が・・・

朝からめっちゃアガったw

「肉筆屋助次」っていうのは

「MIDORI A GO GO!!」っていうイベントを

ROOTS FACTORYでやった時に勇気センセに出てもらって

それが勇気センセの初めてのライブペイントだった。



初めて会った時から絶対に

「勇気センセも同じ感覚持ってる変態だ」って自信があって

イベントやる時に「なんかやってください!!」

って無茶ぶりした。

「なんか」ってなんやねんって思うけどw

でもねぇ、「なんか」の方が好き。

「◯◯してください!」じゃなくて

「なんか」

それって何が出てくるか分からないけど

だからこそ楽しい。

それにもう一個

そういう時により素直に「その人の魅力」って出ると思うねん。

外見とか作った人物像とかじゃなくて

本質的なもの

その人を「創ってるなにか」みたいなもん。



そしてその後から勇気センセもうスゴイのなんの。

片っ端からライブペイントしまくりで

どんどんそれが「アート」としてパワーも増して洗練もされて。

「絵」自体はもともとスゴイんだわ勇気センセ。

でもそこじゃなくて「絵を描く事」自体が「アート」になってく感じ。

そりゃあもう見ものですよ旦那!


エネルギーがワッシャワッシャ伝わってきて

まじチキン肌全開になるからw



まぁそんなこんなで勇気センセの投稿にアガりまくったって話なんだけど

何にアガったっていうと



「本名の山本勇気で活動します。」



のトコ。

「キター!!!!!!!!」って思った。

本名ってね。

相当な覚悟がいる。

逃げらんないからね。

言い訳もできない。

だからこそ「本名名乗って活動」っていうのが

最高にシビれる。

すげーよ勇気センセ!!

って思った。



久々のブログ更新やけど

今日言いたかったのはこれ。

おかげで今日がより一段楽しい日になりました☆



追記
==========================

そうそう、今日17日で市役所でランチする日なんだけど、

「雨降って 地固まる会」のやつね。

土曜日でお休みだから20日にランチに行きます。

19日にしたいけど19日はシンジの50日だから

そっちの会に出るので20日。

10月20日のお昼、空いてる人いたら

大阪市役所食堂「ナポリ亭」でランチしながら

大阪を楽しくする事一緒に考えよー☆

ひとりでもやってるから気軽にきてねーw

2015年10月9日金曜日

野良が好き。

野良が好き。

野良犬の野良。

俺がずーっと野良だったし、

いまでもしっかり野良な気もするけどw

それでもなんだか社会生活を送れてる。



「学校」っていう環境に本当に馴染めなくて

あっでも引きこもったりはしてないよ。

俺は学校好きだったから毎日行ってた、

でも俺のしたい事とか思いつく事全部が、

なんか馴染む方向の事ではなくて、

ずーっとから回ってたw



いつからが大人かは分からんけど

一応自分で仕事始めた(事業をおこした?)時を大人としたとして

大人になってからも

そのジレンマはずーっとあった。

「あーやっぱり俺はアカンのかな」って思う事多かった。

アカンていうのは表現が難しくて

決して自己否定とか自己卑下とかじゃなくて、

「冷凍庫にお湯入れたらアカン」みたいな感じ?

まーそんなんがずーっとあった。



バンドやってた時は楽しかったよ。

ステージの上なんてそりゃあもうw

でもやってた音楽とかもあるんやろうけど

「冷凍庫にお湯」な感覚はずっとあって、

それを共有できる仲間がいたような感じだった。

それはそれで楽しかったけど

今は完全にその時の感覚とは違う。



感覚が変わったのは「家具はじめた頃」からかなって思う。

最初はそうでもなかった(自分で理解できてなかった)んやけど

なんか完全に変わった。

俺自身はなんも変わって(変われて?)ないんだけど

返ってくる反応が変わった。



今まで「非常識」っていうような枠で

ひたすら「抑えること」でしか存在出来なかった世界に

「おもしろい」「たのしい」「あたらしい」みたいな感覚で

反応してもらえるようになった。

当たり前なんだけどね。

例えば「非常識な家具」つくったところで、

それ自体で誰に迷惑かけるわけでもないし、

それを「常識的なもの」として偽ったら違う話になっちゃうけど

そんな必要もないし。



「家具が全てにおいて最高」なんて思ってないよ。

楽しい事や素晴らしいものはいっぱいあるし

俺自身家具をやめる気は一生ないけど

やりたい事は家具だけじゃない。

家具っていうのが最高に自分のやりたかった事とハマって

それが最高に楽しいって感じ。



で、野良の話。

野良って響きがすげー合ってるなって思っただけで

野良の語源とか意味とか知らんよ。

あくまでニュアンスね。

野良ってすげーエネルギーをいっぱい持ってると思うんよね。

でも環境とかタイミングとか色んな事があって野良してる。

「自由が好き」だからって野良な人もいるかもしれないけど

野良も別に自由じゃないし、

自由に生きるために野良である必要もないよ。

今だから言える。

これマジだからw



いろいろ必死に試したり迷ったりぶつかったりしてでもさ、

なんか「コレ」ってもん見っけたら

命がけでやったら良いと思う。

本当に全力で。

それが分かんないけどなんかエネルギー持て余してるのが

俺が言ってる「野良」っていう存在。

それは人から貼られるレッテルじゃなくて

「あー俺(私)野良だー」って思う人全員の事。



「は?意味わからん」って人もいっぱいっていうか

そう思う人のが絶対多いと思うけど

そういう人はまぁここまで読んでもくれてないだろうし良いよねw



こんなブログ書いてるのはね

自分の気持ちを伝えてオナニーしたいんじゃない。

「野良」な人がいたら会いたいから。

会いたいよー!!

って言ってたら、会いたい人は会えるでしょ?

別に俺が何できるわけじゃないけど、

めっちゃ会って話したい飲みたいって思う。

慰め合うとか興味なくて

「こう思うんだ!!!」とかって気持ちとか話して

刺激受けたいなって思う。

それって最高に楽しい時間だからw

「え?おれ(私)?」って思った人

マジで連絡ちょうだい。

飲もっ☆

2015年10月7日水曜日

事故りました。でもそれより不思議な体験の話・・・

ご存知の方もいらっしゃるかもですが、

事故りました。

即、廃車です。

ちょー気に入ってた車だったので凹んではいるんだけど

それは結構どうでも良くて、なんか不思議な感じだったので書いとこうと思って。


小雨の降る中、急に東京に行く事になって、なんか車で行こうと思ったんです。

雨降ったり止んだり、突然豪雨だったりで

変な感じの天気だったんだけど、基本的にはずっと空いてて走りやすかったです。


静岡に入って、藤枝?っていうところに入って

突然すごく車が多くなって

夕方っていうのもあるんだろうけどなんせ道が車だらけ

ちゃんと流れてるから渋滞ではなくて、ただ車がめちゃ多い。

ほんで雨はザーって降ってて。



正直あんま「THE安全運転!!」って感じではないんだけど

この時は車が多かったのと雨なのとでゆっくり走ってた

っていうかゆっくりしか走りようがなかったんです。

ほんでトンネルが見えるくらいのところで

突然車がスリップして

しかもね、カーブでもないの。

直線走ってていきなりするーって滑り出して

ケツ出るのとかってそんなに経験ない訳じゃないんだけど

あの時は本当にすーって滑って



ほんでガードレールにぶつかって完全に制動失って

くるくるくるーって車が回って

何回かぶつかったかな?

ほんでガガガーって音とともに右車線の縁石に車体こすりながら停車。


動かしたんじゃなくてまんまこの状態で止まって動かなくなって

とりあえず自分の無事はすぐ分かったけど

他に誰か巻き込んでないかが怖くて怖くて

すぐ110番しながら後ろ見たらライト消えた車が反対側に止まってて

前が潰れてた。

「うぁー大丈夫かー!!」って気が気じゃなかったけど

高速だし他の車トラックとかもガンガン来るし左側かわ降りるのヤバそうで

とりあえず車の中から見てるしかできなかった。



ちょっとしたらその車から人が出てきて、シルエットしか分からなかったけど

とりあえず無事そうなのだけは分かって

後はこの後の追突とかないかだけどきどきしながら待ってたら

事故処理の車が来てくれた。


そうとう車が多い中のスリップで、

めっちゃ大事故(もっとたくさん巻き込むって意味)になってもおかしくないのに

2台だけでしかもお互い怪我もなくって状態で

相手の人に怪我がなかった事がなにより嬉しくて

嬉しいって本当に変な話だけど

本当になんか嬉しくて

もちろん申し訳ない気持ちは山盛りなんやけど

「本当に無事で良かった」って気持ちだけで

車とかどうでも良かったんよね。


まったく自走とか無理な状態だったから

そのまま積載車で運んでもらって静岡駅前でレンタ借りて

遅くなっちゃったけど目的地までたどり着いた。

どうしても会いたい人がいて、

その人たちがなぜかたまたまその日休みで

ほんで「今日しかない!」って急いで行ったんよね。

なので遅くはなったけど会えて話せて渡したかった物も渡せて


飲みもできたw

翌日昼頃にレンタ返しに行って


人生初静岡上陸もできたし

あっ事故の時に特に怪我はなかったんやけど

車内でぶつかってメガネのフレームが片方折れてて

顔の肉で半分止まってるような状態(あきらかに怪しいやつ)で

さらに車に乗ってた荷物とか入れる袋レンタ屋さんがくれたのは良いけど

透明の手提げ買い物袋で


そんな状態で新幹線乗ってるとめっちゃ見られまくったけど

まぁなんとか無事帰りましたって話なんやけどね。



不思議だったのが色々あって、

スリップ自体も謎やったんやけど

そん時たまったまシンジのCDがかかってて

普段全く聴かん上に、なんとなく今聴かない感じになってるのに

その時たまったまCDチェンジャーの順番でかかって

「まぁいっか」とか思いながらの瞬間やったんよね。



ほんでスリップの事故のその後のって続いて

その後大阪帰ってバタバタしてたんやけど

やっぱり大好きな車がなくなったのはすごく寂しいわけ。

しかも車両保険は入ってなかったから自分の車は保険おりないし

通り過ぎる車見ては「ふぅーごめんなー」(車にね)とか思いながら

何日か経ったんやけどね、



実家に帰ってシンジに手を合わせて、

いやーなんかありがとなーみたいな事話しながらふっと自分のカバン見たら

車のスペアキーが入ってた。

スペアキーって車に積みっぱにしてたし、

メインキーは車と一緒にレッカー屋さんにあるし

なんでそれだけ持ってきてたんか、しかもちっちゃいカバンに入れてたんか

意味わからんかったんやけどたまたま入ってて。



「おっそうや、これおさがりで悪いけどやるよ」って

シンジの骨壷包んでる風呂敷にぷすっと鍵突っ込んで(怒られるわなw)

ほんでフって前見たらシンジの遺影があって、

それが満面の笑みでニターって笑ってるやつでバッチリ目が合った。



そっか!

お前が持ってったんか!!

オーケーじゃあ良いや好きに乗ってくれ!!

めっちゃ楽しいからソレ☆

俺が乗ってぶっ飛ばしてるよりよっぽど安全やわなw

って、その瞬間にすーって気持ちがおりた。



事故巻き込んじゃった人に何よりだし

事故の時迎えに来てくれようとしてくれた人達

心配してメッセージとかくれた人達

事故の係の人とか他にもたくさん。

反省と感謝とお詫びの気持ちは山盛りなんやけど、

なんかすげーなって思った出来事でした。



お金はないけど車ないと困るからなんかすぐ買うけど

なんだろう、不思議な体験でした。


九州からのドライブ、そんな楽しかったんかな?

「その車めっちゃよく走るからじゃんじゃん乗ってやってな!」

「お前は絶対スピード出さんやろうけどw」



さぁー次はどんな車買うかな・・・



【追記】

最後足りてないなと思ったので追記。

シンジが「車ちょうだい!」って言ってニコッとした。

それは「兄ちゃんが乗ってたら危ないから」って行間がある。

俺が「取り上げられる」とかめちゃめちゃ嫌いなの知ってて、

それされたら余計に意地張るの知ってて

だから「ちょうだい!サンキュー!」ってやってくれた。

だから俺は「すーって気持ちがおりた」って書いた。

それがあいつのカッコ良さで優しさで、

それに本当に救われた。



そういうの書けば書くほど湿っぽくなっちゃうし、

湿っぽいのは本当に苦手だから



「すーって気持ちがおりた」に全部込めたつもりだったけど

それじゃ伝わらない事もあるんだなって思って

だから追記してる。



俺は行きたい道を行くし、来た道になんの後悔もないから

なんでも晒したいと思うしそれが自分への覚悟でもある。

でも「あぁ俺足りてなかったな」って思う事はたくさんある。

後からでも良いんじゃないか?って思ってる。

人生、どんどんブラッシュアップしてこうね☆