2017年1月18日水曜日

え!?まさかの予知夢?ひかっちょむ?夢に出たアレのことで翌朝に連絡が…

まさかの予知夢?夢に出てきた「ひかっちょむ」


昨夜夢を見た。

以前にやったプロジェクトで完成してそのままになってたやつがあって

なんとなく「あーあれの続きやりたいな」って思ってる夢を見た。



すごく気に入ってるけどプロジェクトの一環やから勝手にやりにくくて

「なんとかしたいな」とか思いながら時間が経ってしまっていた。

朝メッセージが入った。



ひかっちょむ がTVで紹介されるので写真の元データが欲しい…



という内容、

めっちゃびっくりした。

まさにその「ひかっちょむ」がそれやったから。



これがその「ひかっちょむ」ペンダント照明



これが「ひかっちょむ」ペンダント照明。



以前に大阪大学の特別講座の特別講師としてお手伝いした事があって

その時につくったもの。



アップサイクル講座っていうアップサイクルをテーマにした講座、



アップサイクル(Up cycle)とは?



ググってもらったらすぐ出るけど、リサイクルをより進めた考え方で

廃材や廃棄するものをデザインやアイデアを加えて

より価値の高いものに変えてしまうこと。



ROOTS FACTORYでずっとやってきた



家具のリメイク



なんてまさにアップサイクルそのもの

リサイクル屋さんの時にリメイクやりはじめてもう10年じゃきかないから

その分野では先駆けの自負はある。



2010年の日本テレビ「ズームイン!!SUPER」さんで

「リメイク家具屋さん」て紹介してもらったりした。

あれはめっちゃ嬉しかったなーとか思い出してネットで画像探したらあったw



ズームイン!!SUPERに出演した「RELEBE TV board」リメイクテレビボード



でももっと有名な人が後からじゃんじゃん出てきて注目されて

「それの後追い」みたいに思われる時もあって「う〜ん」て時あるけどw



「リメイク?あっそれ○○さんがやってるやつ!?」


「う、うん、やってたね。」


「流行ってるもんねー!」


「そ、そうやね・・・」



そんなやり取りがあって「もういいもん!」的な感じもあって

あんまり「リメイクずっとやってきました!」アピールはしてなかったけど

そんなんじゃ良くないなと思ってた。



「言わないと何もはじまらない」なと。



それで今年は「やり残した感のあることはもっかい取り組もう!」とか

思ってたりして、そんなんで夢に出てきたんやと思う。

完全に脱線したけどw



なんせびっくりした。「予知夢か!?」



くらいのタイミングやしね。

そんなタイミングやったしこれは「ちゃんとやれよ!」

ってお告げ的なもんなやなって理解して朝からパタパタ動いてる。



明日は早朝から淡路島工場の機械搬入やから動けるの今日しかなくて

あっ一応ルーツファクトリーは水曜定休なので今日はゆっくり目に

雑用とかしようと思ってた日やから結構時間が取れる日やった。



すごいね、タイミングってw

それで朝から調べものして電話かけて段取りしてetc...

なんとか今ひと段落ついた。



で、一体何の話をしてるんや?ってことなんやけど、今日は



ひかっちょむ計画再開します!!



宣言のブログです。

今後のひかっちょむ関係のブログはもしかしたら

ROOTS FACTORYブログの方で書くかもしれないけどよろしくお願いします。






====================
お手伝いした大阪大学の特別講座がコレ↓



大阪大学発の端材アップサイクルプロジェクト「etsaw」








2017年1月13日金曜日

いよいよ淡路島工場の準備スタート!今年はルーツファクトリー元年ということで♪

今年はルーツファクトリー元年。


いよいよ今日から淡路島工場の作業に入ります。

遂に!って感じやわ。



夏に火事があってから今まで、

さすらいの家具屋になってたけどやっとちゃんと工房を持てる。



愛媛工房はすっごくお世話になってるけど

やっぱり間借りやから「自分達の工房!」とは言いにくいw



ちなみに工房と工場、

今までずっと工房って言ってきたけど

淡路島は工場と呼ぼうと思ってる。



違いは・・・なんとなくw

まだそんなにちゃんと意味はない。

これからの意識というかそんな感じ。



今日は新生ROOTS FACTORYメンバーの初顔合わせの日でもある。

まだちゃんとお知らせしてないけど

春からメンバーひとり増えます。



ある時期から突然にドバッと増える予定やけど

今のこの「ひとり」はすごく大きい意味があって

結構「ついに!」のタイミングかなって感じてる。



今までメンバーの人数より拠点のが多いっていう変な形態やったからねw

去年のテーマは「コンパクト」やった。

後半特にね。



半年かけて新しい形態の準備ずっとしてて

それがやっとハッキリ決まって今日からその準備スタート。

今年のテーマは「ぶっ飛ばす」でいこうと思ってる。



起業してから14年目

家具屋になって6年目(たぶん)

やけどなんとなく、今年は



ルーツファクトリー元年。



そんな気合でいこうと思ってます。

とりあえずまずは「作る場所」を創らないとw

そいじゃあ行ってきます☆



2017年1月9日月曜日

2日間の店番。買ってもらわなくて全然オッケーす☆って話

東京出張から戻ってきた。

土日で下北沢のお店の店番をしに

めっちゃ疲れたけど楽しかった。



浜ちゃんが卒業してから

めったにお店開けられなくなっちゃったけど

Twitterで「今週土日限定で開けます!」って案内したら

すごくたくさんのお客さんが来てくれてめっちゃ嬉しかった。



モンスター(お店の名前)のある場所は

下北沢の駅からはめっちゃ近いんやけど

路地の奥の奥にあって人通りは皆無。



オープン当初は浜ちゃんとイベントやったりして

お店のこと知ってもらおうとしてたけど

「うるさい」って苦情が入ってできなくなった。



うるさいって言ってもアコギ弾いてたくらいで

お店だったら普通じゃない?くらいなんやけど

近所のお店(お隣さんではない)ですごくうるさい人がいて

その人に目の敵にされちゃってた。



同じ建物の他のテナントさんも

入居してきてイベントやって

同じ目に遭って困ってたw



人通りがないか頑張って集客してにぎわそう!って頑張って

怒られたら意味わからんな、と

かなり残念に思ってた。



接客って楽しいなって話。



さっきの事情でなかなかお客さんが来てくれにくくて

店番してても「ボーっと待ってるだけ」みたいなのが多くて

実は今まですごく店番辛かったw



俺はじっとしてるのがとにかく苦手で

走り回ってるのは全然楽しい人間。

接客も大好きなんやけど



あまりに「待ち」の時間が長いと

スイッチ切れちゃって

せっかくお客さんが来てくれても

テンションが戻ってこない、みたいなのがあった。



なんかローテンションでお客さんに申し訳ないなぁ

とか思いながらも、わざとやってる訳じゃないから

なんともしにくい部分があって、



そんな中で新年一発目のオープンになったこの2日間は

すごくすごく楽しかった。



ROOTS FACTORY(この場合モンスターか)に来てくれるお客さんは

すごく優しくて素敵な人が多い。

女の人が圧倒的に多いんやけど

上品でエレガントな大人のお姉さんがすごく多くて

「かっこいいなぁ」といつも思う。



こんな人達に家具使ってもらえるのとかって

なんだかすごく誇らしいような気分になって

「やっぱ家具の仕事は楽しいなぁ」とか嬉しくなった。



それともうひとつ楽しかったのが

声がたくさん聞けること。



家具をつくる人間として

「使ってくれる人」の生の声を聞けるのってすごく貴重な時間で

何気ない会話の中にすごくいっぱいヒントが詰まってる。



「ソファが高い(背が)から足乗せが欲しい」とか

「床にちゃぶ台で生活してて腰が痛い」とか

モンペスツール専門店やからどうしてもそっちに寄っちゃうけど

「これもっと広く家具の話聞けたらめちゃめちゃ良いやろなぁ」

とか考えながら過ごしたこの2日間でした。



年末にキャンペーンで大ゴケして






改めて気づいた大切なことというか

一番目指すべきことっていうのが

今日の「声が聞ける機会」にすごく詰まってて



仕事で家具をつくる訳やから

「売れて欲しい」ってのはリアルな気持ちとしてある。

でも「買わせたい感」みたいなのはまるでなくて

「欲しくないなら買っていらん」と本気で思う。



逆に「欲しくなって買わずにいられない」とかって

つくり手としては最高に幸せなんよね。



それでその「欲しくて買わずにいられない」気持ちは

「こんなのが欲しい」っていう欲求とすごく密接な関係があって

その欲求のヒントが「日常の不満」にある。



だからお客さんの話を聞けるのはものすごく嬉しくて

「あっじゃあこうしたら良いんじゃないか?」

「こんな事が毎日が楽しくなるツボなんじゃないか?」

とかいっぱいいっぱい湧いてくる。



長々なったけど



店番めっちゃ楽しかったっす!!



って話です。



2日間、来てくださったお客さま

本当にありがとうございます!!

おかげさまで大変楽しく意義のある時間が過ごせました!!



これ読んでくれてて

「行ってみようかな・・・でもたぶん買わないしな」

とか思ってる人がいたら全力で言いたい。



買ってもらわなくて全然オッケーす☆



「買いたい!」「欲しい!」って思ってもらえるモノをつくるのは

お店側のお仕事なので、一切気にしないでくださいw



冷やかし大歓迎す☆



「あぁお客さんに気づいてもらえない」

って路地裏の奥で凹んでる店番のおっさんにとっては

遊びに来てくれるお客さんは本当にありがたいんです。



さすがにおかしいやろ!

と自分でも思ったから実行しなかったけど

お客さんが来てくれたことが嬉しくて

もてなしたくて近所の美味しいコーヒー買いに走ろうかと思ったもんw



さすがにやり過ぎで逆に気を使わせちゃうやろな、と思ってやめたけど

コーヒーくらい出せるようにしたいなって思った。

「美味しいコーヒーと共にお待ちしてます♪」とか

なんか優雅でカッコイイやん?



誰か美味しいコーヒーの淹れ方教えてください。



なんだかよく分からない話を延々しましたが

それくらい楽しい2日間やった。

次はいつ行こうかな・・・



1月中には行きたいと思ってるので

たぶん末くらいかな・・・と思ってます。

このブログ読んで「気になるな」って思ってくれた人は

ぜひぜひ遊びに来てください。



次はどんなお客さんとどんな話ができるんかな・・・

ワクワクが止まりません♪




2017年1月7日土曜日

たまには振り返ることも大事かもしれない。うん。

お久しぶり!!

ここんとこ毎日毎日めちゃめちゃ長いブログを書いてて

それに手一杯でやっと久々このブログ更新w

下北沢に店番に来てて、店で書いてる。



大阪にいるととにかく何やかややらなあかん事だらけで

ゆっくり考えたりとかなかなかできんから

たまのこういう時間はすごく良いなって思う。



書いてるブログはROOTS FACTORYのブログで

火事からずっと更新止まってたのを年末に復活させた。

更新がずっと止まってた理由は



「なに書いて良いか分からんかったから」



火事以降できる事なんもない時間とかめっちゃあったから

ブログ書く時間とかは全然あったんやけど

「まだなにもできません」

「ご注文受けられません」

「いっぱいいっぱいです」

みたいなブログを書くべきじゃないと思ったから。



ROOTS FACTORYのブログは一応オフィシャルやし

前向きな報告ができるまでよう書かんな…

と思ってた。



12/25に淡路島の工場の物件がついに契約できて

まだまだこれからやけど

一応再稼働へのカウントダウンははじまった事になるから

「よし!ブログ復活させよう!!」

って決意した。



とりあえず1投稿「ブログ復活します」って投稿しようと思ったんやけど

その内容考えてる内に

火事からの5ヶ月のことを書きたいなって思った。



火事からの5ヶ月はめっちゃしんどかったけど

おかげでかけがえのない経験もできたし

なにより人の優しさをめっちゃ感じて、支えられた。



変な話やけどすごくすごく嬉しくて、

すごくすごく感謝してる。

その時にお世話になった人、

今でもお世話になってる人、

みんなにいくらお礼を言っても言い足りない。



そんな気持ちを込めて

この5ヶ月を思いっきり振り返ったブログ書こうかと思った。

今は色々が見えてきてて

もう言っちゃっても良い頃かも。

と思えた。



お正月を終えて新年のスタート、全力疾走する前に

みそぎ的な意味も込めて

振り返ろうかと思った。



いつもは俺は後ろを振り返ることが大嫌いで

「昔は良かった」話とか最も苦手な人間。

でも実際過去があるから現在がある訳で

未来のために過去をちゃんと見つめるのも大事やと思うし

この5ヶ月のことっていうのは



「これからずっと続いてくことのはじまり」



な気もしてる。

すごくポジティブな意味でね。



で、ちょうどお正月に入るから業者さんとかも休みになるし

ゆっくりブログ書く時間あるやろ!

とか思って



「連載ブログ書きます!!」



とかって宣言しちゃった。

「連載やし内容とか書く前にまとめとこう」って思って

書きたいタイトルあげたら

なんと37タイトル以上もあって

「これお正月とかの長さちゃうやん!」

てめちゃ焦った。



まぁよく考えたら

めちゃめちゃ濃い5ヶ月やったから

それを短い期間で振り返るとか無茶ではあったんやけどw



それで「さすがに長すぎる」と思ったから

なんとかまとめてみた。

それに丸一日かかった。

それでなんとか12タイトル。

それでもお正月越えるけどねw



それで12/30から書き出して

今日で9話までやっと書けた。



37を12にまとめてるから

1話1話もめっちゃ長くなってる。

結局多い日とか1日8時間くらい書いてたりするw



まだあと3話あるけど

やってみて本当に良かったなって思う。

こんな形で振り返ると

一個一個の出来事をすごく思い出せるし

噛みしめることができる。

こういうのもたまには大事なんやなってすごく感じた。



めっちゃ綺麗やった宮崎のなんとか神社(覚えてないw)



5ヶ月間のブログは1話1話そんなに時間かかってんのに

今このブログはここまで書き出して15分くらい。

今この瞬間の気持ちを話すように書くってことと

思い出して噛み締めながら書くことって

こんなにも違うんやなって痛感。



このブログは俺の個人ブログで

書きたいことを書きたいように好きなように書いてて

これはこれですごく本気なんやけども

ROOTS FACTORYのブログはまた違う本気で書いてる。

どっちも本気やけどそれぞれちょっと違う。



なに言うてんねん?



て自分でも思うw

でもまぁ、

読んでみて欲しいな、と思うので

よろしくお願いします。

下にリンク貼っときます。



===========================================
お正月SP連載ブログ 全12話

〜ROOTS FACTORY火事からの5ヶ月のキセキ〜


2016年7月31日、火災でほとんど全てを失くした絶体絶命のピンチから5ヶ月、たくさんの優しさとご縁に支えられ遂にこの春、完全復活しようとしています。「ありがとう」では到底足りない感謝の気持ちと万感の思いを込めて、この5ヶ月を綴ります。

第1話:え?まさかウチが!?火事は突然に

第2話:開けない夜はない。信じて進む大切さ。

第3話:出会いと別れ。現実、それは過酷で果てしなく、残酷で無慈悲?

第4話:宮崎へ行く理由。どこで誰がなにをするか?

第5話:宮崎から戻ってからの1ヶ月。愛媛に淡路島に授業に谷4に船。

第6話:やっとはじめられた片付けと、長い長い長い待ち時間。

第7話:GAME OVER寸前!やっとバトンをもらえたリレー走者とタニヨンベース

第8話:宮崎からの偶然の連続。とんでもない割烹「和楽」

第9話:季節とともにリズムが変わる。たくさんの気づきと…

===========================================


2016年12月30日金曜日

本当のスーパースターとSMAPファンのファン、火事の後の香取慎吾さんからの手紙は奇跡のかたまり。

火事のどん底に届いたスーパースターからの手紙。


昨日書いたモンペスツールのブログとそれを投稿したツイートが

なんだかエライ事になっててびっくりした。

そのブログとかは下の方にリンク貼っとくので興味あったら見てください。

(あっ知ってると思うけどあのブログ書いてるの俺です)



7/31の火事の直後、「どないしょ・・・」ってさすがに途方にくれた。

トラブルは慣れてるし、

ピンチには強い方やと思うけど、

それでもさすがにどうしていいか分からんくなった。



とはいえ、そんなことをSNSやブログなんかに投稿するのはすごく嫌い。

だってそういうの見て楽しい人とか嬉しい人とかおらんし。

そんなんでとりあえず「燃えました」ってだけこの個人ブログに書いて

ルーツファクトリーとかモンペスツールのブログは書けなかった。



7/31に火事で香取慎吾さんの手紙が8/3の日付。

火事のことYAHOOニュースとかにもなってたから

聞いたか見たかしてくれたんやと思う。



あれはちょうど会社の近くの踏切を信号待ちしてた時、

「おじゃマップ」のスタッフさんから突然電話が鳴って

なんやろ?と思いながら出たら

「香取から手紙を預かってるので送り先を教えて欲しい」て内容。



ビックリした。

そりゃービックリするよね。

それで大阪の住所お伝えした。

そしたら翌日くらいに届いた。



めっちゃ嬉しかった。



なんかね、俺芸能人とかスーパースターに全く興味なくて

いや政治家とかスポーツ選手もそうやな、

「尊敬する人」ってのはもちろんいるけど

「有名だからすごい」みたいな感覚は全然持ってなくて。

むしろ有名な人(いわゆるスター?)って

結構それを鼻にかけてる人が多い気がして

余計に好きじゃないくらいやねん。



SMAPなんてスターの極みやろ?

やからきっとすごくそういう傲れる人達なんやと思ってた。

おじゃマップの撮影の時に

俺はいなかったんやけど電話では少し話した。

放送では使われなかったけど

出演者の皆さんと数分間話した。



カメラ回ってる時やしそういうのもあるのかもやけど

香取慎吾さんものすごく気さくで優しい声で

なんだかちょっとビックリした。



とはいえ電話でちょっと話しただけ

「あー本物なんや」くらいに思ってただけ。



放送見て、モンペに座ってしっかり「あっ!」て言ってくれてて

すごく嬉しかった。

この時まだ「テレビの中の人」が「この目の前のモンペに座ってる」

っていう現実感と非現実感の間くらいの感覚。

「明日からお店忙しくなるかな〜」

とか考えてた。



放送直後にモンペスツールが売れた。

それもものすごい勢いで。

注文はピクニックに集中、

完全に香取慎吾パワー。



その時は「SMAPってすごいんやな・・・」て印象。

翌日から、放送に合わせてしばらく東京のお店にいてたから

そのあと来てくださったお客さんにはだいたいお会いしてる。



翌日からたくさん来ていただいたSMAPファンのみなさん。

広瀬すずちゃんのファンの人ももちろん来てくださったんやけど

SMAPファンの人達にびっくりした。



みなさん本当に礼儀正しくて、気遣いがすごくて、優しかった。

見た目もお上品なお姉さんばっかりで、しかも綺麗な人が多いこと!



本当にびっくりした。



「どこにびっくりしてんねん!」て突っ込まれそうやけど

そこに一番びっくりした。

スーパースターとか興味ねー!!って人間が

スーパースターのファン見てびっくりしたw



家の近所に京セラドーム(大阪ドーム)があってね

しょっちゅう大きなライブやコンサートやってる。

ものすごくいっぱいの人がドサーって歩いてて

その時だけ街は活気付く

普段は呑んべえの街(俺もねw)大正駅前



それがたくさんの「ファン」の行進でひしめく。

特に嫌な思いしたこともなかったけど、

道も混むしで別に良い印象もなかった。

群衆って感じでハロウィンとかの時に湧いて出る感じの

「なんや楽しそうやな」くらいの存在。



SMAPファンのみなさんとお話しして本当にびっくりした。

あるSMAPファンのお客さんにその話したら

「だってSMAPの印象悪くする訳にいかないでしょ?」

って微笑みながら当たり前のように話してくれた。



すごいな、って思った。

この人達がSMAPを支えてるんや

って思った。



こんな人達が大好きな香取慎吾さん、そしてSMAPって

きっとスゴイ人達なんやな、って

それから香取慎吾さんが、SMAPが好きになった。

順番おかしいやろ!って話やけど

本当の話。



俺は家具を創ることを仕事にしてて

「モノが語る」を大事に思ってる。

有名なアーティストとかに会う機会は多くないけど

どんな経歴だとかどんな賞とったとか

全く興味ない。

でもその人の創ったモノ、それが絵でも音でも造形でも

それを見て感じて

ヤバイ!!って人はすぐ尊敬しちゃうw

そういう習性というかそんな人間です。



だからそんなんもあってね、

有名人とかにあまり興味がないんです。



アイドルって作詞家と作曲家がいて

音楽を創るって感じでもないし

なに創る人よ?

くらいに思ってたのかもしれない。

そんなこと考えたこともなかったけど。



それでね、SMAPのファンのみなさんと会って感じた事



アイドルがファンを創って

ファンがアイドルを創ってるんや!



て感じた。

だからアイドルとそのファンて比例するんやろなっていうような

良くないと感じる方の例は出しません。

目にする事、気になる事多いけど、

そういう人をどうこう言いたい訳じゃないから。



でも、そういうのとめっちゃ比べてしまった。

そして本当に素敵やな、と思った。



俺はSMAPファンのファンです。



はっきり言えます。

本当にみなさん素敵やったから。

だいぶ脱線したけど

そういう流れで

SMAPも香取慎吾さんも好きになった。

「ほんまにスゴイ人達なんやな〜」としみじみ思いながら

いつの間にか時間も経って

そして3ヶ月後に火事になった。



この2年くらい本当に色々めちゃくちゃで

夏に事故で弟が死んで車が廃車になって東京に店出して

テレビに3回も出て新聞でも紹介されて

それからの火事。



そんだけテンコ盛りに色々あったから

正直、火事自体はそんなにショッキングでもない。

比較対象がショック過ぎるだけかも知らんけど。

弟の事とかは特にもう書きたくない(嫌とかじゃなくね)から

気になる人は過去の記事探して読んでください。



だから火事自体はそんなにショックじゃなかった、

っていうより

飽和状態のトコに火事がのっかったって感じかな。



あーこれマジでアカンかもな・・・



て思ってる時やった。

そこにさ、



香取慎吾さんからの手紙が来た。



なんか震えた。

スーパースターってこういう人なんかなって思った。

それまでのスーパースター経歴とかそんなのどうでも良くって

超絶多忙な人が、



ほんのちょっと電話で話して、

嬉しかったからモンペスツールをプレゼントしただけの俺を

わざわざ気遣って手紙書いてくれて。



ああいうクラスの人の忙しさって

俺らの「忙しい」とかと意味が違うと思う。

秒単位で時間が制約されてて

自由とか全然ないと思うし

それを25年間続けてきた人、



そんな人が俺に手紙をくれた。



テレビにめっちゃ出てるとか、ファンが何千万人いるとか

そんなことはあんま興味ない。

最近、香取慎吾さんがライブのアートディレクションをやってる

って事を聞いて、それにはむっちゃ「すげー!!」って思ったけどw



あの時に俺にあんな手紙をくれた人、

あんな素敵なファンの人たちが大好きな人、



本物のスーパースターやと思った。



めっちゃ嬉しかった。

しかも8月ってSMAPにとってめっちゃ大変な時期、

そんな中わざわざ気遣って手紙をくれた。



今も見ながらこれ書いてるんやけど

この手紙は本当に宝物。

特別な人からの手紙だからじゃなくて

こんな手紙をくれる人が特別だっていう

ひねくれた理屈かもやけど

そういう大切な宝物。



香取慎吾さんからの手紙。

8月からずっと大事に持ってたけど

なんかブログに書いたり投稿したりする気分じゃなくて

ずっと自分の励みにしてた。



ミラクルの証というかお守りみたいな?

全部この手紙のおかげです!!

みたいな怪しいことは言わんけどw

でもこの手紙に、この手紙の存在に本当に救われた。

ものすごく勇気をもらった。



火事から5ヶ月が経つけど

やっと新しい工場の場所が決まったレベル。

ROOTS FACTORYは小さな家具屋。

良い家具はつくるけどねw



そんな小さな家具屋が火事で焼けて

数千万円の損害が出た。

保険でたけど、全然損害に合う額じゃないw



でもね、なんとかやってます。

なんとかやってるどころか

どんどん素敵な道が開けてきてる。



崖っぷちから這い上がって、だだっ広い荒野の先を見てる。

まだまだ遠い遠い距離はあるけど

絶望の日々じゃなく希望の日々を過ごしてる。



香取慎吾さんからの手紙。



めちゃめちゃ感謝してて、

めちゃめちゃ大切な宝物で、

今まで自分だけで持ってた大切な奇跡の証。



なんで昨日それを突然ブログに書いたんかはよく分からん。

いろんな思いがごっちゃになってて

どう伝えていいのかよく分からん。

でもなんか今、世に出すべきやって感じた。



俺がもらった勇気や元気、

どん底の時にめちゃくちゃ嬉しかった手紙、



香取慎吾さんからの手紙。



香取慎吾さんに感謝の気持ちが届けば良いなって思いと

SMAPファンのみなさんに見て欲しいって思った。

なんでかはうまく言えない。

俺がこれですごく元気もらったからかな?



俺が大ファンのSMAPファンのみなさんが

たくさんのコメントやメッセージをくれてる。

東京のお店に電話(転送で大阪の携帯に繋がるねんw)までくれる。

全部「ありがとう」って内容ばかり。



昨日(っていうかここ最近ずっとね)書くかどうかめっちゃ悩んだけど

書いて良かったと思う。



たった一枚の手紙が、ここまでたくさんの人を勇気づける。



本当のスーパースターです。



奇跡が起きて届けば良いなと思いながら

香取慎吾さんへの気持ちを最後に書いておきます。









香取慎吾さん

お手紙ありがとうございました。

ピクニック使って頂いて嬉しいです!

火事で大変な時に、あの手紙に本当に元気をもらいました。

「火事なんかに負けるか」って勇気をもらいました。

今、とってもとっても大変な時だと思います。

ニュースやTwitterで心配しながら見ています。

あの時にもらったお手紙は僕の宝物になっています。

お礼や感謝の気持ちを直接お伝えすることはできないけれど

代わりにブログを書きます。

あなたは本当のスーパースターです。

僕なんかに言われなくてもとっくにご存知だと思いますがw

あなたに頂いた手紙は

手紙の形をしていますが

優しさ、思いやり、奇跡のかたまりだと思っています。

本当にありがとうございます。

香取慎吾さんのこれからの道は僕には分かりませんが

きっと素敵な行き先へ繋がっていると思います。

あの時頂いた元気と勇気を

ほんの少しでもお返しできればと思っています。

心から応援しています。



家具作りたいおっさん
阪井信明








なんのことか分からない人もいるかもなので一応リンク貼っておきます。

Blog:香取慎吾さんからの手紙。火事でどん底だった時に、最高の勇気をもらいました!ありがとうございます!!

Tweet:https://twitter.com/MonstarMonpe/status/814459790176829440

2016年12月29日木曜日

遊び心とプライド、楽しいにこだわる。家具屋としての車。石川専用車買ったよ!!

ROOTS FACTORYのエース、石川くんの車がやってきた!!

待ちかねた納車w

石川くんがこっちに来るタイミングで渡したくて

それに合わせて納車してもらった。

VWルポって車♪

めっちゃカワイイし探しまくった末の車なんやけど

そんなに高くはないよw

排気量も1400ccで税金関係も安いし

贅沢には違いないけど許される範囲かな?と思うw



納車記念に二人で撮影w



今日納車ってことは内緒にしてて

ちょっとしたサプライズ。

クリスマスに合わせたかったんやけど

タイミングが合わずで今日になったw



火事の後すぐに軽トラック買って

それが石川くん専用みたいになってたから

「移動するための手段」としてだけなら

軽トラでも良いのかもしれない。

でも、ROOTS FACTORY的にそうじゃないと思ってる。



家具も同じで「使えれば良い」なら安いものは幾らでもある。

でも人間の暮らしってそういうもんじゃない。

「遊び」がすごく重要だと思ってる。

使えれば良いなら、ベニア板のテーブルにみかん箱に座布団で良い。

「家具なんかどうでも良い!!」って人には

それでも十分やと思う。



「高ければ良い」ってもんでもない。

お金を出せばだいたいのものは手に入るし

それはそれで素晴らしい事やけど

それが最良かと言うとそうでもない。



「暮らしを豊かにする」のが家具の仕事やと思ってる。

少なくともROOTS FACTORYの家具にとっては。

その為に必死に考えたり試行錯誤したり

技を磨いたり苦しんだりもしてるけど

それが構成要素のすべてな家具って

俺は魅力的だと思わない。

むしろなんか薄っぺらく感じる。



緻密に計算され尽くしてつくられた遊びの一切ない家具。

そんな家具を、俺は欲しくない。

だから作りたくもない。

妥協なく、真剣に、は当たり前。

そういうことでなく、

「あっ♪」てなるような何かもうひとつの魅力

それが欠けたらつまらない。



そんな思いがあって

使う道具や乗る車、場所とか

自分なりにずっと探してきてる。

結構な大金かけてROOTS FACTORYのトラックを綺麗にしたのもそれ。



ROOTS FACTORYのトラック、通称:ルーツファクトリーカー



結構ちゃんとした車が買えるくらいの値段かけて

板金して全塗装した。

俺が仕事をはじめた13年前に買った車。

あちこちぶつかって(俺じゃないよw)ボコボコになってて

色褪せてそれでも大事に乗ってた。



家具屋をやる!!って決意して会社ごと家具屋になって

それから何年か経ってから

どうしても綺麗にしたくなった。

「こんなボロボロの車でお客さんの家具を運びたくない!!」

って思った。

「そんなの誰も気にしないんじゃないの?」って言う人もいた。

それはそれでいい。

でも、俺は自分がすごく気合入れて決意して買った家具が、

大切な思い入れのあって、これからリメイクする家具が、

ボコボコの車で運ばれるのは嬉しくないなって思った。



高級車で来て欲しい!とは別に思わない。

でも、大切にされた車に積まれたいなって思う。

だから綺麗にした。



遊び心とプライド、

計算式では関係ないのかもしれないけど

生きた人間には絶対に大切なもの。



火事で工房が焼けて、

石川くんは愛媛工房にひとりで行ってくれた。

心細い不安だらけな中で

たくさんの人に認めてもらって

信頼してもらって助けてもらって

臨時の工房で十分な環境ではないとは思えないくらい

ちゃんとした家具をつくってくれてる。



愛媛も淡路島も車がないと生活できないから

「車買うよ」って話はしてた。

石川くんは「なんでもいいですよ」って言ってくれてたけど

「気持ちを豊かにしてくれる」車に乗せてあげたかった。



そしてROOTS FACTORYの家具を創る同志として

「楽しい」にこだわって欲しいと思った。



お金が余ってる訳じゃないから

予算は本当に限られてたし

中古の安い車しか買ってあげられない。

でも、その中でも「楽しくなる」車を探した。



石川くんと増見さん(いつも車をお願いしてる人)とスレッド立てて

中古車のオークションをずーっと追いかけて

「あれかな?」「これかな?」って数ヶ月。

最初はさっさと買おうと思ってたけど

ちょっと探し出してから石川くんと話して

「乗るだけなら軽トラがあるしじっくり腰据えて探そう」てなった。



そんなこんなで数ヶ月探してやっとの車。

VWルポっていう車。

結構いいお歳の車なんやけど

前のオーナーがめっちゃ大事に乗ってたみたいで

古いのにピッカピカ。

内装もすごく綺麗。

実車を一緒に見に行って一目で「良いね☆」てなった。



石川くんカーのVWルポ。いい歳の車とは思えないほど綺麗w



そっから1ヶ月近く経った今日、

やっと石川くんに渡すことができた。

淡路島工場もやっと決まって

これからは大阪↔︎淡路島を行き来することも増えるし

絶対に必要なアシ。

でも合理性だけじゃない

楽しい無駄もちゃんと詰まったアシ。

でもちゃんと手の届く予算内の遊び。



ROOTS FACTORYがありたいカタチ、したい仕事、

そういう思いをいっぱい込めて選んだ車。

石川くんのはじめての車。

社用車で保険とかの関係で名義は俺になってるけどw



なんか今日はすごく嬉しい日やった。

まぁ最近嬉しい日だらけやけどねw

もうすぐ開けて2017年。

ROOTS FACTORYは今まで以上に

いや今までの何十倍も

楽しくてハッピーにぶっ飛ばしていきます!!

お楽しみに!!



石川くん、くれぐれも事故には気をつけて

安全運転するんやでー!!



大きさも乗り味もめっちゃ「イイ感じ」のルポちゃん














2016年12月26日月曜日

ついに淡路島!すべては「縁」で、そしてたまらなく楽しい☆

ついに淡路島の工場の場所が決まりました!!

12/25に契約してきました!!






この物件を見つけたのはもう2ヶ月近く前なんやけど

いろいろな事情でやっと昨日契約をした。

正確には来年の1月1日からやねんけどねw



「縁」



このひとことに尽きるなって感じ。

淡路島でとんでもない割烹「和楽」に行っちゃった!!


このブログに書いた「めちゃ良さそう!!」ってのが

昨日契約してきた物件。



「不動産関係者づて」とかでなく

人が人を引き合わせてくれて出会った。

散々回った島の不動産屋さんでなく

「美味しいよ」って紹介してもらった割烹のマスターに

「物件探してるんです」って話したら飲んでる間に連絡してくれて

「なんかあるみたいよ」って教えてくれた。



夜の真っ暗な中帰り道に寄ってみて(飲酒運転はしてないよw)

「あっなんか良さそう!」

って思った物件。

立地や建物の感じもそうやし

何より出会い方の運命感ねw



条件も何も分からんかったけど

「なんかここになる気がする」って思った。

まぁどうなるか分からなかったから

契約するまでは決まってないつもりでいようと思って

お知らせはしてなかったんやけどね。



俺が少しはマシな人間になった(それやろなw)ってことなのか

この数年、人に恵まれまくってる。

ピンチの時も、悲しい時も、嬉しい時も

支えてくれる、助けてくれる人がなぜかいて

絶体絶命やろ?って状況でも

なんやかんやでなんとかなってきてる。



すごく感謝してるけど

それをその人に返すってことは特に出来てない。

だってお金とかだけの問題じゃないから

「それを返せる状況」ってなかなかなくて

だから代わりって訳じゃないけど

俺のところに相談に来てくれた人には

全力でなにか役に立とう!って思って

できるだけそうしてる。



そしたらなんだか不思議なもんで

いつの間にか周りはそういう人ばっかりになってた。

「誰かのために動く」

偽善?おせっかい?お人好し?

なんでも良いよw



なんか「人を見たら泥棒と思え」みたいなことわざの

まるっきり逆の道を進んできてる。

不用心極まりないし

トラブルもしょっちゅう起こるけど

まったく楽しいw



火事で工房燃えたから

新しい場所に向かえるし

新しい人と出会えるし

今までではありえなかった事も起きる。



それを全部「楽しい!」って思えるw

あっちゃこっちゃ動き回って

体力的にはしんどいし

お金の心配も尽きないけど

それでも楽しいんよね。



「楽しい」ってのは楽勝へっちゃらって事じゃない。

万事順調堅実無難って事でもない。

起こる出来事全てにちゃんと向き合えて

それに自分なりの答えを出していく

それがいつかなんかの道になって

「元気が出るよ」って言ってもらえたり

それを慕ってくれる人までいる。



さらにそんな人がきてくれて

「一緒にやりたい」って面白い事を出来たりする。

いっつもパッツパツやしテキトーな俺やけど

そんな俺を頼ってくれたりする。

なんかそういうのがめっちゃ嬉しくて

つまり楽しい。



夏から止まった時間、

う〜んちょっと違うか?

去年の夏から動き出した新しいリズム

それは不思議だらけで予想不可能な事ばっかりやけど

なんだか全部なるようになってる。

今年の夏からそれがさらに加速というか

なんだかとんでもなくいろんな状況が動いてる。



なんだか来年の春に向けて

全てが集まっていくような流れっていうんかな?

いまいちなんなのか分かってはないんやけど

そんなのをすごく感じる。



夏に火事があって、

その日には次に向けて動き出した。

でも、全然進まなかったり

意外な事がサクッと進んだり

自分の力とかまったく関係のないような流れ。



偶然、偶然、偶然、

でもたぶん必然なんやろね。



愛媛工房も「縁」やし

タニヨンベースも「縁」やし

宮崎も「縁」やし

下北沢も「縁」やし

そして淡路島も大きな「縁」ではじまる。



なんかね、淡路島には

とんでもない同級生がやたらいるw

とんでもなくスゴイ!カッコイイ!って意味ね。



淡路島の物件への縁をつけてくれたのもそんな人たち。

もちろん同級生だけじゃないんやけどね。

でもなんか同級生の不思議な縁を感じるねん。



淡路島だけじゃないな、

千葉にもいるし、大阪にもいるし、北海道にもいる

なんかそういう歳なんかもなって思ったりする。



年寄りと若者の中間くらい。

これからどうするかの夢や希望と

過ぎてしまった時間の重さも感じる

力まかせはできなくなってきてて

でも意外と踏ん張りは効くw

そんな今のこの歳が

なんか特別な転機になってるような気がする。



今年ももうあと数日。

さぁあと残り数日で何があるのか?

そして来年どんなとんでもない事が待ってるのか

楽しみで仕方ないw



まだ出会ってない面白い人、

俺はここにいるので

会えたらいっぱい話しておもろい事やりましょう☆

よろしくどうぞ!!



冬の淡路島も良いけど、

夏の淡路島もめっちゃ良いいよ!

遊びにおいで☆